技術と信頼のハイクオリティ・ペインティング・カンパニー Paint EX 株式会社 菊正塗装店 
トップページ>ごあいさつ

まちを護り、地域を彩る。 『菊正塗装店』の新しい世紀へ


代表取締役社長
鈴木 章
Akira Suzuki, President
 「菊正塗装店」は明治の末にこの地で創業し、塗装業として100年の歩みを続けてまいりました。これもひとえに塗装工事の専門業者として、ユーザーの皆さまから受けた温かいご支援の賜物と感謝申し上げます。
 「塗装」という仕事は単にペンキ(塗料)を塗るという作業だけではありません。その使命は家やビルなどの建築物にとどまらず、橋梁や鉄塔などの土木・特殊構造物などに塗装を施すことで、長い年月の風雪に耐える「保護」、さらにはその土地の景観や美しさを強調する「美観」という二つにあります。
 「保護」という観点からは防蝕やコンクリートの劣化防止などの塗料により膜を作り、建造物を護るという大切な役割を担っております。もうひとつの「美観」というのは昔から環境にマッチしたバランスの良い配色で、人々に癒しや潤いといったメンタルな心地よさを与える大きなファクターともなっています。
 「菊正塗装店」は明治期から今日に至るまで、その時代に合った流行や技術などを誠実にそして確実に一つひとつの塗装施工を積み上げてきたことにより、現在は様々な場所で「菊正塗装店」の仕事をご覧になっていただくことができるようになりました。
 近年では経済的背景もあり新しい建物を造るという発想から、今あるものを大切に使い続けるという潮流が見られます。新築よりもリフォームや改修という方向にユーザーの志向も変化しようとしております。そのような時代において「塗装」というものが再び大きくクローズアップされようとしています。ますます私ども塗装業界が果たす役割は強くなってきていると確信しております。
 そのような中、「菊正塗装店」は全社員が技術向上を目指し「一級技能塗装士」をはじめ多くの資格を取得しております。また、品質管理の指標でもある「ISO9001」の認証を得ることもできました。塗装業としては国内でも先駆的なものです。
 これからは、単なる”モノづくり”だけではなく、技術を駆使し地域のお客様にとって本当に必要なサービスを提供し続ける”価値づくり”企業として、これまでの実績と皆さまからの信用と信頼を糧に、この先100年に向け、心を込めて「菊正塗装店」の技術を提供して参ります。